バナー
TOP > iPhoneの性能評価

iPhoneの性能評価

iPhoneはスマートフォンの規格を作ってきた機種でもあり、Androidと共にスマートフォンの代名詞でもある機種です。

そのため、スマートフォンの性能評価においてはiPhoneと比較することが多くなっています。

性能評価は主にCPU、バッテリー、画面サイズで行われることが多くなり、ゲームなどの動作速度でチェックされることも少なくありません。

iPhoneのCPUは世代で大きく変わってきており、画面の表示速度とも大きく関係していることもあり、画面サイズに合わせてCPUを変えてきています。



特に4でレティナ化されたことでCPU能力を大幅にアップし、CPUの他にGPUと呼ばれる画面を高速に描写する機構も増やされています。

6+で5.5インチに対応していますが、HDビデオを綺麗に表示するためにGPU性能も格段にアップされています。



また、ゲームなどのCPUを多用するアプリについてもアンドロイドの高性能機と変わらない性能を持たせています。

iPhoneはバッテリーについても優秀な性能を持っています。



iPhoneはアップルがOSも作っていることから、バッテリーについても他のスマートフォンよりもカスタマイズが可能となっており、細かい制御で対応してもらえます。

そのため、バッテリー性能はとても高く満足の行く性能となっています。
ただし、バッテリーサイズ自体はそれほど大きめではありませんが、十分な稼働時間が担保されてきています。