バナー
TOP > iPhoneのケース事情

iPhoneのケース事情

iPhoneはバージョンアップされる度にすぐに寸法があったケースが販売されます。

これはケースメーカーに予め新型iPhoneの寸法が提示されるからなのですが、各メーカーとも長年販売してきたこともあり、対応が慣れてきているとも考えられています。

iPhone用のケースは主にキャラクターモノ、防水などの特殊性能が付与されたモノがあります。
キャラクターについては版権が取るのに時間がかかるためか新型iPhoneが販売されてから若干時間がすぎてから販売される傾向が強いです。

また、旧機種向けのケースとしても併売されることも多く、長く販売されることが多いようです。

防水などの追加機能については年々性能が向上しており、特に防水、耐衝撃性能は格段にアップします。

iPhone7の予約の情報を公開しているサイトです。

iPhoneは年々大型ディスプレイが採用されてきているので特に落下からの衝撃に耐える作りが人気です。


耐衝撃性能についてはクッション材の開発が進められており、ごついケースからスリムタイプへと進化してきています。

従来のケースはバンパータイプが多かったのですが、画面保護などの面で弱かったのですが、デザイン性を崩すこと無く全体を覆うタイプが人気です。



また、防水については雨滴などの防水だけではなく、海水など防水しづらかったシチュエーションにも対応した万能タイプが人気です。



さらに耐衝撃性能を付加した軍隊基準にも対応したケースも多数販売され人気が高くなっています。